ニーズ調査

長野高専では,支援を必要とする人たちのために「こんなものあったらいいなぁ〜」「これ,もう少しこうならいいのになぁ〜」と言った問題を一緒に解決して「障害がある人もない人も安心して暮らせる社会」の実現を技術の力でサポートしたいと思っています.

相談を受けてもすぐに解決できる場合とそうでない場合がありますが,全国の高専の技術を使って解決のシナリオを考えいきます.

 

【記入用紙】ニーズ調査票(pdfファイル)

【記入用紙】ニーズ調査票(MS Word ファイル)

  1. 上記より記入用紙をダウンロードしてください.
  2. なるべく具体的に用紙に記入してください.
  3. ここから藤澤に連絡をください.
  4. 送り先をお知らせいますので,FAXまたはメールで送ってください.

後で訪問してゆっくり話を聞くかもしれませんので,なるべく詳しく教えて下さい.よろしくお願いします.

なお,ここで得られた情報は支援機器開発のみに使用いたします.

「にぎレバ」

私が顧問を務める「バリアフリーテクノロジー同好会」(通称:バリテク同好会)が自助具を作りました.

これは,指先に力が入らずスプレーを使うことを諦めてしまっている人に向けて作った自助具です.「にぎレバ」は「指先で押す」という動作を「手全体で握る」という動作でスプレーを使うことを可能にしました.

「にぎレバ」は「レバーを握る」という動作から付けられた名前です.「にぎってみれば?」という意味も込められています.

IMG_0045

スプレーをセットして置いておいても可愛く見えるようにレバーの部分は音符の形にしました.2,3個を並べて置いておくととっても可愛く見えると思います.

今は,直径35mm,高さ125 〜 135mm 程度のスプレー缶しか使えませんので,これから大きめのスプレーにも対応したものを作ろうと思っています.スプレー缶が大きくなると手が大きくないと使えないという状況も考えられますので,また,新し機構を考えないといけないと思います.

今後の課題ですね.

これは完成ではなく,これから改良してもっとよいものを作っていきたいと考えています.

このページを見て使ってみたいと言う人はご連絡ください.(数に限りがありますので,ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください.)

下記の動画は「にぎレバ」の紹介ビデオです.

指先に力が入らず,スプレー缶を使うことを諦めていませんか?そんな人のための「にぎレバ」です.

YouTube Preview Image